白馬乗鞍岳へは、栂池スキー場栂の森ゲレンデから歩くか、ジェットヘリに乗って天狗原まで一気にフライトアップ、そこから山頂目指して歩くという方法がある。(ヘリは春のみの運行)天狗原ヘリポートで降り立った後は、目の前にそそり立つ山頂目指して40〜50分の登り。一歩一歩雪原を踏みしめながら登れば、山頂直下には広大な一枚バーンが迫力満点の姿で待ち構えている。山頂域は新雪を敷きつめたホワイトキャンパス、純白のステージに立って見渡す3000m級の山岳パノラマ世界。白馬連峰から立山連峰、戸隠連峰などが一望だ。
 標高2400m白馬乗鞍岳東大斜面はボーダーたちのパラダイス。森林限界を越えたホワイトステージに木々の影はなく一面雪と岩だけの世界。その広大な雪世界にスノーボードでトライ。純白の大斜面を何度も何度もハイクアップしながら滑るのもいいし、成城小屋あたりまで一気に全開ランするという滑りもある。ノートラックナチュラルオープンバーンという自由気ままなステージで雪を蹴立てて大滑走。高度が下がるにつれ木々の数も徐々に多くなりツリーランとなる。適度に締まった雪面、めなぐるしく移り変わる景色、ここでなら飽きること無い爽快滑走が楽しめる。栂池自然園あたりまで滑り下りると樹林の密度が徐々に増してくる。成城小屋あたりから樹林の間を縫ってボードを駆ると、そこは栂池スキー場上部栂の森、ツガとブナの混成林が連なる華麗な林間コースだ。

 

白馬乗鞍岳東大斜面を風になって滑走する。
大空の彼方に霞む北アルプスや戸隠連峰の山並み。

 

INFORMATION
 白馬乗鞍岳バックカントリーの発進基地はゴンドラリフト・イブに乗り込みゲレンデトップの栂の森へ。そこからツガやブナの原生林の中を天狗原へ。天狗原からさらに白馬乗鞍岳東大斜面にアタック、標高2400mの白馬乗鞍岳山頂へ。ここから栂池スキー場ゲレンデボトムまで約17kmのロングランが楽しめる。シーズンは気候が安定した3月〜5月頃がベスト。ゴンドラ山麓駅の隣には天然温泉「栂の湯」、さらに街の中には露天風呂がある「栂池温泉・元湯栂の森荘」があるから、ゆったり湯に浸り一日の疲れを洗い流しリフレッシュしよう。

栂池高原スキー場

白馬乗鞍岳山頂に立って見渡す360度の大パノラマ展望。

 

天狗原より白馬乗鞍岳の東大斜面を登る

栂池自然園をベースに白馬乗鞍岳バックカントリーを楽しむのもオススメ