マッターホルンを見上げるアルペンヴィレッジ・ツェルマットは、ローヌ川の支流、マッター谷の突き当たりにある、美しいアルプスの村。ガソリン自動車の乗り入れを全面的に禁止し、いまでも馬車と電気自動車を交通手段に使うなど、環境保護には大きな力を注いでいる。そんな、自然保護に対する確固とした理念と、マッターホルンを始めとする素晴らしい景観に恵まれた村ツェルマットはまさに、すべてのリゾートの理想を実現している、美しき村と言っていいだろう。


ツェルマットの町から眺める、
アルプスの名峰・マッターホルン

ホテルからの送迎や観光用
に馬車が活躍。


ギフトショップの店先の飾り付けにも工夫が凝らされていて楽しい


シャレー風の建物が並ぶツェルマットのメインストリート


自家用車の乗り入れは禁止、
電気自動車と馬車が足代わりだ



大自然に囲まれた詩情豊かな
アルペンヴィレッジの夕暮れ

路地裏に入るとこんな光景が展開道のあちこちに絵が溢れている


ツェルマットへのアプローチは
赤い列車氷河急行で